ラスベガス・カジノホテルの完全攻略法

賢者の外貨両替

前のページへトップへ次のページへ

第6回 FX活用例 サラリーマンA氏の場合
FXを活用する利点は、両替コストが安いことだけではありません。

「レバレッジを使えること」「利息が得られること」などのメリットをフル活用し、限られた資金をより有効に活かすコツを覚えれば、自身の収入や資産に合わせた外貨調達スケジュールを作ることができます。



【 1万ドルを調達したい 】

FXを活用する例として、サラリーマンA氏がラスベガスで勝負するための資金1万ドルを用意するシナリオを描いてみましょう。


【 背 景 】

A氏は毎年12月にラスベガスへ遠征しています。冬のボーナスが出たところで米ドルを購入し、いざ勝負!というわけです。

しかし、いつも悩みは年末は円安になりがちなことです。

春には「1ドル=110円」だったレートが、年末には120円を超えている…、といったことがよくあります。

その差は1万ドルで10万円以上にもなるため、貯蓄の少ないAさんにはとても重くのしかかる負担になります。

そこで、今年は
F X を活用してみました。


【 4月 】

4月の時点での為替レートは「1ドル=110円」 かなりの円高です。1万ドル調達には110万円が必要です。

Aさんの手持ち資金は30万円しかないのですが、それでもFXなら1万ドルを調達しておくことができます。

なぜか? それは、Aさんがレバレッジを活用して買いポジションを取ったからです。FXの魅力はここにあります。

少し表現の仕方を変えてみると、円高の時に1万ドルを購入予約しておけるのです。もちろん、1万ドルをその場で手にできるわけではありません。あくまでも予約であって、110万円との差額80万円を追加で入金しなければ、1万ドルは受け取れません。

それは全く問題ないでしょう。12月のボーナスを待って、80万円を入金すれば、1万ドルを手にしてラスベガスへ行けるわけです。

しかも、嬉しいことに4月〜12月の8ヶ月間、米ドルの買いポジションを保持したため、利息(スワップポイント)が付いています。現在の金利から概算すると約300ドルも利子が受け取れるのです。


【 12月 】

Aさんに待望のボーナスが出ました。

早速残りの80万円を入金して、手にした米ドルは、利息付きの10,300ドルです。【注】参照

たとえ、12月の時点で為替レートが1ドル=120円になっていても関係ありません。Aさんは110円の時に米ドルを購入しているのですから。

もし、急な予定変更で米ドルを使う予定が無くなれば、いつでも買いポジションを決済して、円を受け取ることが可能です。

また、来年のために米ドルのまま残しておきたいなら、110円で買ったポジションをそのまま保持しておくことも可能です。いわば外貨預金を持ち続けるのと同じです。もちろん、その期間、ずっと利息(スワップポイント)が上乗せされて受け取ることができます。


【 いざ、ラスベガスへ 】

Aさんは意気揚々とラスベガスへ旅立ちました。これからは、為替手数料で泣かされる心配はありません。気分よくカジノゲームに集中できるはずです。



【注】 FXにおけるスワップポイントは日ごとに日本円で加算されるため、実際には10,000ドル+利息分(円)という形で受け取ることになります。ここでは、スワップポイントのメリットを分かりやすく説明するために、最終的に約10,300ドルが手元に残る解説としています。




次のページへ→