ラスベガス・カジノホテルの完全攻略法

トップページ
はじめての方へ
ラスベガスニュース
編集長コラム
写真で見るラスベガス
サイトマップ
賢者の外貨両替
ホテルガイド
ザ・ストリップ
ダウンタウン
ホテル料金リアルタイム検索
カジノゲーム
ブラックジャック初級講座
スポーツブック
NFLの賭け方教えます
NFLパーレー攻略法
MLBの賭け方教えます
ビデオポーカー
ビデオポーカー完全攻略
JB9/6実践ストラテジー
ピッケムポーカー
VPランキング
スロットクラブ
スロットクラブ活用講座
コンプを獲得する方法
リンク集
日本語ホームページ
ホテルリンク集

賢者の外貨両替

トップへ次のページへ

第1回 あなたはいくらで米ドルを買っていますか?
為替相場からプラス1円ですか?それとも2円ですか?


  販売レート
(日本円→外貨)
買取レート
(外貨→日本円)
T/C CASH T/C CASH
米ドル(1US$) 119.28円 121.28円 116.91円 115.28円


ラスベガスへ遠征する前には、旅行の準備として衣類や日用品を揃える作業が必要です。そして、何はともあれ用意しなければならないのが米ドルです。

あなたは、外貨両替のために近くの大手銀行に行きました。ふと、窓口に掲げられている両替レート(上表)が目に入ります。ふむふむと納得するあなた。日本の銀行ではごく普通のレートで、可もなく不可もなしといった印象のまま両替することでしょう。

このように、旅行の都度、日用品を買い集める気分で米ドルを買ってはいませんか?

あるいは、「仕事で忙しいから、空港で両替しよう。」なんて安易な道を選んでいませんか?

日用品はドラッグストアで、米ドルは銀行の窓口で、付けられた値段を疑うこともなく購入しているとしたら、あなたは損をしている可能性が大です。リピーターの人でも、意外と見落としている無駄な出費がそこにあるのです。

銀行の店頭レートを無条件で受け入れなければならないほど、日本の市場は閉鎖的ではありません。

結論から申し上げましょう。

外貨は外為市場で直接買ってくるのが一番安上がりです。



驚きの外貨調達法があった!

「外為市場で直接買う」といっても、足を運んで市場に乗り込むわけではありません。

現在、世界には24時間動き続ける外為市場があり、日本でも多くの個人投資家がインターネットから参加しています。そこで米ドルを買い付けることが出来るのです。外為市場で直接調達すれば、当然、買い付け手数料は安く済みます。そして、その米ドルを自分の銀行口座に送金すれば良いのです。

この方法を使えば手数料は
わずか7銭になります。米ドル調達にかかる全ての費用を比べても、7分の1から10分の1程度にすることが可能です。


その外為市場を利用し始めたサラリーマンA氏の米ドル調達法を図解でみてみましょう。


サラリーマンA氏の米ドル調達法


上図だけで全てを理解するのは難しいと思いますが、要は、銀行の窓口で米ドルに交換するよりも、インターネットの外為市場で両替を行う方がコストが抑えられる。そして、その米ドルを銀行から引き出すことができる、ということです。

本稿では、それらの便利な機能を使いこなすための情報を整理し、サラリーマンA氏が用いている手法の詳細についても、順次、解説を行っていきます。


次のページへ→